The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
来年のために その2
2007-08-09 Thu 09:05
だから、来年への課題は、『皆が一丸となること』だと思います。50人でも60人でも、『一つの音』『一つのハーモニー』『一つの心』

それを実現するには、部員1人1人の『思いやりの心』が必要です。

私はこれで引退しますが、来年、今年出来なかったことをこんどこそ実現して欲しいと思います。

長々と失礼いたしました。

たなこ
スポンサーサイト
別窓 | 連絡事項 | コメント:2
<<久しぶりの書き込みです | 吹部日記 | 来年のために その1>>
この記事のコメント
しつこいようですが此方にもコメントさせて頂きます(焦)


多分、みんな暗黙の了解の事だと思います。
部員が一丸となって活動していく事を。
でもだからこそ考え直さなければならない問題です。
そのきっかけとなるこの記事…。皆さん読んでいるのでしょうか。
是非とも目を通して頂きたいものです。
先輩の考えが一人でも多くの部員に伝わって欲しいと思います。

読んで下さった皆さん!なるべくコメントしましょう?
先輩と「コミュニケーション」がとれる絶好の場所なので。
2007-08-09 Thu 21:31 | URL | 朱鷺 #-[ 内容変更]
吹奏楽において、一つの音になることって、
「隣のひとと音色を統一する」
ことももちろんですが、もっと深いですよね。例えば、指向性の違う木管低音とテューバの響きをブレンドしてひとつの楽器として響かせるのですから。

前に、合唱を習っていたとき、指揮の先生に、
「合唱は、ひとりひとりの個性を殺して成り立たせるものではない」
「自分の役割を自覚して参加してほしい」と言われたことがあります。
持ち味と意志をもったそれぞれのプレイヤーが、ひとつの響きを作っていかなければいけない。

音作りについて考えさせられました。ホールで生演奏を聴くのは全然説得力が違います・・・しばらく忙しくて演奏会などから遠ざかっていて忘れていました。
今週末の本選も聴きにいこうと思っています。

昨日、音作りの参考になれば、と思ってストリングベースをいじらせてもらいました。
弓のコントロールは何て難しいんだ・・・でも、弦のイメージで音を出せたらいい。

あ、まずは隣のひとと仲良くなるところからはじめないといけないのは言うまでもありませんよね。
まず、一緒にお弁当を食べましょうよ。食事を一緒にしているときと、あと掃除を一緒にしている時って、本音が出たりするものみたいです。

最後になりましたが、
大高吹奏楽部の活動は大勢の方々の力をお借りして成り立っています。
前顧問の石田先生には、音楽面でも運営面でも、いつも助けていただいています。
管楽器の音作りだけではなく、オーケストラや指揮法の話にも触れ、様々なアプローチで演奏を深めてくださり、豊かな気持ちで練習することができました。

冷房もない猛暑の音楽室に、後輩のために指導に来てくださった卒業生の皆さん。
いつも同じメンバーで、同じ曲を練習していて、煮詰まっていたところでしたが、流れが変わりました。
コンクール当日は、大きな気持ちで励ましてくださって、ありがとうございました。

毎日夜遅くまで練習していても帰りを待っていてくださり、練習の送り迎えや楽器の運搬に協力してくださるご家族の方々。
活動を理解してくださる家族に支えられているから、好きな音楽に打ち込めるのですよね。
休みの日には家族サービスしよう。

感謝の気持ちと謙虚な心を忘れずに。
ありがとうございました!!
2007-08-10 Fri 02:05 | URL | imiyu #vEanZNjA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 吹部日記 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。