The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ビートルズは来日40周年
2006-07-14 Fri 03:04
 先日,NHK-BS放送(当然,視聴料は払っていますよ)で
THE BEATLESの特集が組まれていました。
 私が中学生のときには,10周年 つまり1976年でした。
あれから30年がたち,ギター&ドラム少年は,楽器に触ることも
めっきり減り,似合わないタクトを振っています。
 番組の中で,さまざまなコピーバンドが紹介され,自分と
同年代かそれ以上の先輩が嬉々としてして演奏していました。
みんなのお父さんは,お元気ですか?  今も演奏していますか?
 前回の演奏会前に音楽室に泊まり一晩中ギターを弾けたとき,
演奏できる喜びを久しぶりに感じました。(本番はひどかったが)
同僚にも声をかけてはいますが,「そんな元気はない」との返事で
教員バンドの結成はむずかしそうです。


以下は,愚痴です。
私以外ではできない仕事を多く任され,担任も持てないほどで,
家には寝るだけに帰る毎日です。そんな私にとって唯一の愉しみは,音楽です。
だから,その時間を「仕事にしたくない」というのが本音です。

毎日遅くまで「受験勉強だけ」「部活動だけ」できる高校生がうらやましい。
往復1時間の通勤時間や休み時間もエンドレスで聞いている「IVANHOE」ですが,
何百回と聞いていても,同僚や仕事に水を差され,集中できません。

部活の特性上お金の出入りも多いし,「振る」仕事に専念できないのが悔しい。
先輩達は,そんな頼りない顧問をあてにせず,自分たちで「仕事」を分担し,
こなしてくれていました。

IT から ICT ( Information & Communication )の時代
スポンサーサイト
別窓 | 演奏会 | コメント:4 | トラックバック:0
<<うらやましい...。 | 吹部日記 | 野球応援ですね。。>>
この記事のコメント
皆さんお久しぶり、PerのOBです。
先生にメールを頂いたのですが、感想をどこに書いていいやら迷ったのでここに記すことにします
まず、私達の代で私の考えを皆が知っていただろうか?いや知らなかっただろう。しかし、その考えを知る機会があったか、もしくは私が作ろうとしたか。いや、機会はあまりなく、私も「機会」に対して力を入れる事をしなかった。
この日記を2、3ページ読むにつれ「考えを披露する機会」の大切さを痛感した。私は当時、「皆は何を考えているのか」、「皆ろくに言えないぐらい考えがないのか」と思っていた。それが文章で表現させればこんなにも考えを持っているのかと驚かされた。
しかしコメントにもいくつかあったが、全員が見ているのかという点が重要になってくる。一部の人達の考えが高められ、意識差を生じさせないためにも、全員が共有するようにしていけたらいいと思います。

今私は大学の吹部内で小編成チーム、「キッド」を立ち上げ、本体とは別軸で企画・運営に尽力しております。皆さんも個々が想いをもち、高いレベルで絡めていけたらいいですね。
2006-07-14 Fri 08:51 | URL | キッド・リーダー #-[ 内容変更]
お久しぶりです!生きてますよ先生☆
三年前の卒業生です。みなさんとは入れ違いの人生だったと思います。たまに拝見させてください!大学でも音楽学んでいるので、お力になれることがあれば受けてたちます!すきあらばうかがいたいです。これからの練習日程はいかに?
2006-07-14 Fri 08:54 | URL | ぽん #-[ 内容変更]
コンクールは8月1日です
おーぽんよ。生きておったか?
演奏会に招待されつつも、行けなくて申し訳ない。
去年の12月に船橋の小さなホールでサックスアンサンブルの展覧会の絵を聴いたよ。キエフまでが長い道のりだったな。小人とかはサックスらしくて面白かったよ。
2006-07-14 Fri 21:53 | URL | 牛乳屋 #-[ 内容変更]
先輩方!!来てくださって本当にありがとうございます!!;;確かに全員が見ることが可能かと言えば定かではないですe-263私たちもいろいろとお聞きすると思いますので、その折はよろしくお願いいたします!!*^ー^
2006-07-15 Sat 00:01 | URL | bcHG #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 吹部日記 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。