The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
初めまして
2006-07-14 Fri 23:57
やっと書き込む勇気が出ました。パーカッションの「マイケル」です。よろしくお願いします。

自分の中学での部活動の事を書きます。恥しいけど告白します
僕は決して強くない弱輩部員でした。体調を崩して長い間部活を休んでいた辛い時期もありました。とても悔しい思いをしています。
 しかし、剣道部に入部した事を後悔していません。むしろその逆で、スランプはあっても、なかなか勝てなくても剣道を6年間続けて良かったと思ってます
それは、剣道は相手を殴り倒す、勝つための競技でないからです。叩き合っているのだから決してそうは見えないでしょう。
 しかし、あの勝負の中で初対面の相手とでも、お互いがお互いを信頼し合い、思いやり、我慢し、そして自分を出し合う。また、武士において剣は敵を殺す為の道具ではなく、大切なものを守ろうという意志であります。これが剣道の試合であって、剣(心)を交える事なんです。
こういった事が出来る様になる為に、日々稽古を積むんです。勝つためでなく、自分を高めるため、人生を健全に生きる豊かな人間性を養うための稽古なんです。
つまり、試合で勝つことはあくまで目標であって、稽古の大元の目的はこういった部分です。その為、剣道をオリンピック競技にすることを日本剣道連盟は拒み続けているのです。「勝利の喜び」が目的にならないために。目的は、「健全な人生を送る喜び」というのを忘れてはならないのです。
こうして部員同士が切磋琢磨していくんです。実際、勝つことも大切ですが・・・

 きっと吹奏楽でも同じ事が言えるはずです。
対人関係においては、信頼、思いやり、我慢、自己主張などが必要です。
何でも相談や指摘をし合える仲間を増やす事が重要だと思います。お互いを高め合えますし、部員同士の輪が広がり結束力が強まるのでは?という考えです。

 コンクールが近くなって来ましたね。本選に行くのはある1つの目標であって目的ではない。でも、目的を常に土台として持ちながら努力を積み重ねる事で、目標は1つずつ達成されると僕は信じています。こちらの分野では皆さんの方が詳しいので、下手にいろいろと言えません。

最後に、野球部も勝つことを目標に今まで頑張って来たのですから、勝てるように明日は精一杯の応援をしましょう

初めてなのに長々と失礼しました。途中関係の無い話にも関わらず最後まで読んで下さった方々、ありがとうございます
スポンサーサイト
別窓 | ブログ | コメント:1 | トラックバック:0
<<オーディション | 吹部日記 | 暑かった...>>
この記事のコメント
どうもです!改めて歓迎しましょう!
一年生ながらこんなにすばらしい目標と意見を持っていてウチは度肝を抜かれました。
向かう<方向>がこんなにも孤高なモノをはっきりと目指してくれる人が近くにいてくれることが、私たちにとってもいい刺激になりますし、うれしい限りです(。^^)/剣道部はお隣で活動していますが接点無いですよな。。。
ウチもその心、忘れないようにします!!
どうもありがとう!
2006-07-16 Sun 21:20 | URL | かめれおん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 吹部日記 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。